外壁塗装の色選びで気をつけること

外壁塗装をするときにどんな色にするかの選択がとても重要であることは言うまでもありません。外壁は広い面積を占めるだけに、家の印象を決定づけるからです。ではどんなことに気をつけて選んだらよいでしょうか。もちろん、好みで選ぶことにはなりますが、やはり周囲との調和性には気を配った方がよいでしょう。たとえば周囲の家が落ち着いた感じなのに鮮やかな外壁塗装にしたりしたら、どうしても印象が浮いてしまうことになります。また、いったん塗ると通常は長い間塗り替えないものですから、汚れが目立たないかどうかというのも考慮に入れた方がよいでしょう。汚れが目立ちにくいのはグレイ系やベージュ系です。一般にあまり白っぽい、逆に黒っぽい場合は汚れが目立ちやすくなります。また、小さなカラーサンプルの印象で選んでしまうと、実際に外壁に塗ったときには思っていたのと印象が違う、ということもありがちです。一般に、広い面積になると、明るさや鮮やかさが増幅されて感じられますので、サンプルでちょうどいいと感じたものより少し抑え気味のものを選ぶ方がイメージ通りに仕上がる確率が高いと言えます。ツートンカラーで外壁塗装をするのもおしゃれです。その場合は、同系色でまとめると落ち着いた、シックな雰囲気になります。あるいは、片方をベージュやグレイといった合わせやすい色にするのも一つの方法です。ツートンの割合は半々ではなく、どちらかを広めに塗った方がまとまりのある印象になります。